バイデン大統領の「台湾防衛」発言は本心?それとも失言?台湾政策から見える米中関係~シリーズ「中国は今」(ゲスト:澁谷司氏)【ザ・ファクト】

The Fact



5月23日の日米首脳会談後の記者会見で、バイデン大統領が「台湾防衛のための軍事的関与の意思」を聞かれ、「われわれの責務だ」と答えた。またこれに先立つ5月上旬、米国務省ホームページの米台関係の概要から、「台湾の独立を支持しない」、「台湾は中国の一部」の文言が消えた。これまで「戦略的曖昧さ」を貫いてきたアメリカの対台湾政策に何が起きているのか。

今回のザ・ファクトは、「習近平主席退位説」が広まる中国の現状と絡めながら、アメリカの真意に迫った。

00:00 アバンタイトル
00:50 米国務省がホームページから「一つの中国」「台湾独立支持しない」の記述を削除
01:58 バイデン大統領が記者会見で「台湾防衛」発言
04:14 台湾関係法からわかる「台湾防衛」発言の真意
08:19 米国務省ホームページ変更の意図とは?
09:41 中国内部の変化が外的変化を呼んでいる
11:39 これからの米中台関係、注目ポイントは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました